iPhoneはガラス(皮膜)コーティングが今後の常識に!

どんなに気をつけてもふとした衝撃で、iPhoneが壊れてしまうことがあります。例えばiPhoneを道路に落としてしまったり、子供がいるご家庭の場合iPhoneをおもちゃにして遊んでしまい、ディスプレイが割れてしまった…なんて悲惨な声も聞きます。

出費が多い時期に限って、こういったiPhoneの故障は起こりやすいものです。iPhoneの故障を防ぐのであれば、これからは気軽に塗って守れる時代です。

たった3,000円(サイズによって異なる)の投資でiPhoneの故障を防ぐことができる可能性があります。あなたもガラス被膜G-PACKを取り入れてみませんか。

iPhoneのガラス被膜G-PACKとは?

今までのiPhoneは、保護フィルムや強化ガラスを貼って壊れやすいディスプレイを保護するのが一般的でしたが、定期的に買い換える必要があったり、時には上手く貼れずにせっかくのディスプレイが汚く見えてしまうこともありました。

これらのデメリットを解消したものがガラス被膜になります。iPhoneのガラス被膜はガラスのコーティングを行うものになり、今後一般的になるのでは?と言われています。

iPhoneのガラス被膜G-PACKをおすすめする理由

iPhone本来のデザインはそのままに使用できますし、傷が目立ちにくくなります。これらの保護機能はもちろんのこと、今までの傷が目立たなくなるという嬉しい機能もあるのです。

そのため購入してすぐのiPhoneでなくてもガラス皮膜を行うことができます。そもそもどうして今までの傷が目立たなくなるのでしょうか?

iPhoneは傷がないように見えても近くてよく見ると、小さな細かい傷がついてしまっている可能性があります。触れてみると小さなざらつきはありませんか?これはちょっとした接触によっておこるものですがガラス被膜を行うことで、浅い傷であれば目立たなくすることもできます。

これはコーティング剤が傷の隙間に埋まって表面上が、フラットな状態になることに理由があります。傷が目立つのは光の反射にバラツキがおきてしまうことにあるのですが、G-PACKはそれを均一に整える効果が期待できるのです。

iPhoneは長く使うものだからこそ、いつまでもきれいな状態を保てる方がいいですよね。

ちなみに、このガラス被膜はiPhoneだけでなくApple Watchやゲームなどの画面があるものにも使用できます。

ガラスは見た目はきれいなのですが、どうしても強度の弱さがあるので、ガラス被膜を行うことで、いつまでも美しい状態が保てるといいですね。G-PACKのガラス被膜は大切に使いたいiPhoneだからこそ、かけておきたい先行投資ともいえますね。

このブログを書いたお店

Close Menu