G-PACKで画面が傷つかずにいつまでも美しいiPhoneの画面を守ろう

これからのiPhoneといえば、G-PACKでコーティングするのが常識となりそうです。G-PACKついてまだまだ認知度も低く知らない人も多いかもしれません。

次世代のガラスコーティングになり、今後より注目されるようになります。G-PACKには優れた点がたくさんありますが、今回は10Hにもなる硬度にポイントを置いて紹介します。

G-PACKの強度がすごい!

G-PACKは10Hにもなる硬度の効果で、iPhoneの画面に鍵や刃物が当たっても傷が残らないようにしっかりと守ってくれます。

例えばバッグの中に無造作にiPhoneを入れていて、iPhoneの画面を傷つけてしまった経験はありませんか。保護フィルムをつけていてもつい傷がついてしまうこともあります。

急いでいる時に限ってやってしまいがちですが、iPhoneの画面が傷ついてしまうと視覚性が悪くなってしまったり、どんなに最新のiPhoneでも見た目が悪くなってしまいます。

iPhoneを使う頻度が多い人であればあるほど画面のひび割れや傷は気になるかもしれません。G-PACKは日常生活で付いてしまう傷であれば十分に防ぐことができるとして、注目されています。

G-PACKは一度施工すると約2年ほどその効果が持続しますので、頻繁にコーティングを行う必要もありません。さらに国産になりますので安心して思考できるのもポイントです。

また希望すれば重ね塗りを行い、より強度を高めることもできます。1回のコーティングでも十分な効果は実感できるはずです。

G-PACKの10Hとは?

近頃iPhoneの付属品でHの表記を頻繁に見かけると思いませんか?以前は9Hを謳った商品が多かったのですが、現在は10Hの硬度を謳った商品が増えています。

そもそもHの表記は、塗装塗膜の硬さだったり、画面の傷の付きやすさを数字で表したものになります。

JISで定められた専用の機器を使用した上で測定されています。詳しい評価の仕方などは「日本工業標準調査会」にて確認することができます。

これらは鉛筆を使って試験が行われていて、三菱の鉛筆になるそうです。とてもおもしろい測定の仕方をしますよね。

G-PACKは極薄のガラス被膜を使っていますので、今までのケイ素素材のコーティングをよりも強力にiPhoneの画面を守ってくれます。

 

G-PACKを使えばiPhoneの画面を傷つけてしまう心配もありませんし、購入したばかりのきれいな状態を保つことができます。

液晶画面が傷ついてしまった経験がある人や、画面はできるだけきれいに保ちたい!そんなあなたにもおすすめします。G-PACKについて気になっている人や、詳細を知りたい人はまずはお気軽にご相談くださいね。

このブログを書いたお店

Close Menu