今まで保護フィルムはいらないと思っていたiPhoneユーザーがG-PACKを使うと感動する理由

iPhoneユーザーの中にも、保護フィルムを使う派と使わない派がいると思います。使わない派の人に理由を聞いてみると、iPhoneはほとんど傷がつかないと思っている人や、iPhoneの触感が変わってしまうのが使いにくいと感じてしまうことに理由があります。今まで保護フィルムがいらないと思っていた人も、G-PACK(ジーパック)にすると感動します。

保護フィルムをいらないと思っていた人がG-PACK(ジーパック)に感動する理由

1. iPhoneは細かい傷がつきやすい
iPhoneは年々強化されているので、傷つきにくくはなっています。ただし絶対に傷がつかないわけではなく、よく見ると小さな傷がついてしまっている場合があります。特に砂埃などの細かな粒子には弱いので、気がつくと画面に細かいキズがついてしまいます。

キャンプや山登りを趣味にしている人や、子どもと砂場に行って遊ぶことが多い人、子どもの運動会に行く人などはiPhoneの画面をよく見ると傷がついているのに気付くはずです。iPhoneはどの時点で傷がついたのか明確にはわからないケースが多いので、外に持ち歩くことが多い人の場合は、iPhoneにG-PACK(ジーパック)をしているだけで、傷の目立たないiPhoneにできますよ。

2. iPhoneのコーティングは経年劣化する
iPhoneにはもともと「耐指紋性撥油コーティング」が保護ガラスに施されています。そのため傷が目立ちにくくなっているのですが、使っているうちに少しずつ劣化していきます。

思い出してみてください。購入したばかりのiPhoneは指紋がついても簡単に取れますし、べったりとついてしまうことはありませんでしたが、長く使うとちょっと触っただけでも指紋がついて汚くなってしまうのです。

しかも劣化した耐指紋性撥油コーティングはちょっとこすっただけでは取れなくなります。購入したばかりの頃、汚れにくいから保護フィルムなんて必要ないと思っていた人もあとから後悔している人もいるはずです。

G-PACK(ジーパック)で使いにくくならない?

iPhoneに保護フィルムを付けない人の多くは、操作する時に不便さを感じたり触り心地が悪くなってしまうのが嫌だ…と感じている人もいると思いますが、G-PACK(ジーパック)の場合はコーディングあともサラサラとした指通りになり、以前よりも操作性が向上したなんて声も聞きます。

むしろG-PACK(ジーパック)でコーディングしているのを忘れてしまうぐらい、新品時のiPhoneの状態を長続きさせてくれます。

G-PACK(ジーパック)は保護フィルムが苦手な人や必要ないと思っていた人にも、自信を持っておすすめできるアイテムです。

このブログを書いたお店

Close Menu