こんな癖がある人はG-PACK必須!iPhoneの画面が割れる前にできること

iPhoneを新しく購入する度に、ちょっとした気の緩みで落としてしまい液晶画面が割れてしまった経験がある人もいるかもしれません。iPhoneユーザーの中には全く落とさず、故障の経験をしたことがない人もいれなば逆に何度もiPhoneを落としてしまい、修理や買い替えをしたことが何度あるかわからない…なんて人もいます。

ちょっとした癖や習慣の違いが、iPhoneを落とす原因に繋がっているかもしれません。落としやすい人は絶対にG-PACK(ジーパック)を使うのをおすすめします。

iPhoneを落としてしまう癖や習慣とは?

こんな癖や習慣がある人は要注意!今落としたことがなくても、時間の問題かもしれません。まずは自分にその可能性があるのか判断していきましょう!

1. ポケットにiPhoneを入れる人
ズボンのポケットや、バッグのポケット、ジャケットのポケットなど取り出すのが便利だからとポケットに入れたまま移動することが多い!そんな人はiPhoneの液晶割れ予備軍です。まさかのピンポイントで角から落ちてしまい、画面が割れてしまうことも…。特に自転車に乗るときにポケットに入れたまま漕ぐ人がいるのですが、こぐ足が当たっていると落ちやすくなります。

2. バッグの中がぐちゃぐちゃ…
バッグの中が散らかっていて何をどこにしまったのかわからなくなってしまい、外で慌ててiPhoneを探したときに落ちてしまった…なんてことも多いはずです。バッグの中にそのまま閉まっていると、他に一緒に入っているものが擦れたり当たって画面が傷ついてしまうこともあるので、iPhoneのカバーを被せるもしくは、G-PACK(ジーパック)を使って画面が傷つかないようにしたいものです。

3. お酒をついつい飲みすぎてしまう
iPhoneを落とした経験のある人の多くはお酒を飲んだ帰り道だったり、駅の路線に落として駅員さんにとってもらったなんて人もいるかもしれません。まさかってタイミングで落とすことってありますね。駅の路線に落としてしまったときはどうにもなりませんが、お酒を飲む機会が多い人ならG-PACK(ジーパック)は必須かもしれません。

G-PACK(ジーパック)は10Hの硬度になるので傷がつきにくく、日常生活の中で付いてしまう傷はほぼ防ぐことができます。150cmの高さからスマホを画面に落としても割れないなどG-PACK(ジーパック)なら万が一の事態に備えることができ、大切なiPhoneを守ることができます。iPhoneの液晶画面が割れてしまうと高いですからね(苦笑)未然防ぐのがiPhoneを長持ちさせる上で重要なポイントだといえるのではないでしょうか。

このブログを書いたお店

Close Menu