家族でG-PACKを施工してみませんか?こんなに施工の幅が広い!

G-PACK(ジーパック)が良いよ~なんて話を耳にして気になってはいるけど、本当に必要なの?なんて思いなかなか挑戦できない人もいるかもしれません。iPhoneの本体は高いので失敗してもいいと気軽な気持ちで試せませんよね。

iPhone= G-PACK(ジーパック)と思っている人もいるかもしれませんが、実はスマホ以外にも施工できる場所がたくさんあります。長く愛用したい大切なものだからこそ、G-PACK(ジーパック)を試してみませんか。

G-PACK(ジーパック)はさまざまなものに施工できる

G-PACK(ジーパック)は、スマホやiPad、PC、カーナビなどの液晶画面を始め、時計や眼鏡・鏡などのガラス製品に施工することもできます。これらは落としてしまうと壊れやすいものですし、なかにはこだわりのブランド品や高級品を使っている人もいると思います。使う頻度が多い=傷つきやすく壊れやすいものが多いので、どんなに気をつけていても壊れてしまうことは少なくありません。

事前にG-PACK(ジーパック)を施しておけば約2年はそのままで使うことができます。特にガラス製品の場合は剥がれてしまうことがほとんどないのでそれよりも長く使える場合もあります。こまめにメンテナンスも必要なくそれぞれの本来の輝きを引き出すこともできますし、使用年月が長くなった愛用品もG-PACK(ジーパック)を使うと小さな傷が目立たなくなりきれいな状態が保てるようになります。

特に時計などは輝きが変わりますよ。家族で大切に使っているものや、それぞれの液晶画面やガラス製品なども見直すチャンスです。

G-PACK(ジーパック)はこまめに定期的なコーティングを

G-PACK(ジーパック)は基本的に長く使えますが、些細な傷でもガラスが割れてしまう原因になります。もしG-PACK(ジーパック)に負荷がかかって傷がついてきたな…と感じたら定期的なコーティングをおすすめします。

極薄のガラス系コーティングになるので、まず剥がれてしまうことがなく液晶画面をしっかりと守ってくれますよ。硬度・耐衝撃・タッチ操作性などの機能性はもちろん、液晶画面に直接貼るタイプとはことなり気泡ができてしまったり、サイズによって対応できないこともありません。

効果の持続性を考えてもいかにG-PACK(ジーパック)が優れているのは必ず実感してもらえるはずです。

今までよりもっと気軽に傷を気にすることなく使える点を考えると、G-PACK(ジーパック)がいかに優れているのがわかります。壊れやすい液晶画面やガラス製品は、G-PACK(ジーパック)でしっかりと保護して長く愛用できるようにしましょう。

このブログを書いたお店

Close Menu