G-PACKでiPhoneの物理的な故障による線を防ぐことも

iPhoneを落としてしまったときに、電源や操作もでき「故障しなくてよかった」と胸をなでおろしたものの、iPhoneの画面に不思議な線が出ていた経験はありませんか?なかにはこの線が出ていてもとりあえず操作上は問題ないからと使い続けてしまっている人もいるかもしれません。そんな液晶画面上のトラブルもG-PACK(ジーパック)で防いでみませんか。

iPhoneの液晶画面に起こる故障にはどんなものがある?

iPhoneの液晶画面の故障と言われても、どんなものがあるのかイメージできないかもしれません。

iPhoneの液晶画面に出てくる線には「システム的な故障」と「物理的な故障」のいずれかの可能性があります。システムウェアに原因がある場合は、白い線や縦線が入る症状がおき、主にiOSの不具合による液晶画面に電気が正しく送られていないときに出るものです。

なかには別の理由の場合もあるので一度修理に出すなどiPhoneの状態を確認する必要があります。物理的な故障の場合は、黒・色などさまざまな色の線が出たり縦線や斜め線が入るなどの多様な線の形が出ます。iPhoneを落としてしまったなどの何か衝撃を受けたときに出る線になり、液晶画面の割れと併発して起こる場合が多いのです。

システム的な故障の場合は再起動をすると元に戻る場合もあるのですが、物理的な故障の場合は故障した部分を交換して修理をするのが正しい方法になります。iPhoneの液晶画面が割れてしまったり修理が必要になるととにかく高額です。ふとした瞬間に落としてしまい、予想外の出費になることも珍しくありません。できるのであれば防げるに越したことはありませんよね。

G-PACK(ジーパック)でiPhoneにかかる落下時の衝撃を防ぐ

G-PACK(ジーパック)をしていると、ガラス被膜の効果でiPhoneの液晶画面の故障を防ぐことに繋がります。実際に直径2mの鉄球を150cmの高さからスマホの画面に落とすテストも行われていますが、そんな状況であってもスマホの画面が割れることがなかったと言われています。

落下時などの衝撃を吸収してくれるのがG-PACK(ジーパック)になるので、iPhoneも外傷だけでなく内側からも守ってくれるなど嬉しい効果が期待できるのです。G-PACK(ジーパック)は薄い被膜で目立たないので、いざというときに役立ちます。

G-PACK(ジーパック)は、iPhoneを落としてしまったときの故障を防ぐことにも繋がります。絶対に予防できるとは限らないにしても、故障してしまう可能性が少ない方が安心ですね。あなたもG-PACK(ジーパック)を試してみませんか。

このブログを書いたお店

Close Menu