iPhoneを落としてしまう意外な原因!事前の対策が必須

iPhoneは今や10万超えの高額アイテムです。iPhoneを落としてしまったり、ぶつけてしまった時は、画面が割れなかったかドキドキしてしまいますよね。万一、大きな傷がついてしまったり、画面が割れてしまった時には、買替や修理など高額の費用がかかってきます。

iPhoneには大切なデータも多く入っています。保険や補償に入っていても、高額な費用がかかる場合もあります。また、データの移し替えなども面倒なので、iPhone はできるだけ壊さずに長く愛用したいですね。そんなiPhoneで一番注意したい落下の危険性。では、どんなときに落下は多いのでしょうか?

iPhoneを落としてしまう意外な原因と対策

iPhoneは手で持っていて落としてしまう人よりも、実はその他の理由でiPhoneを落下させてしまうことも多いのです。例えば、胸ポケットやズボンのポケット、ジャケットの内ポケットなどに入れていませんか?

しゃがんだり、下にある荷物を取ろうとしたときなど、急な体の動きをしたことで、ポケットからiPhoneが落下してしまい割れてしまうというケースが多くあります。特に、お仕事中は荷物の運搬だったり、カバンやパソコンを持って移動している場合、ポケットの中のiPhoneにまで気が回らないことが大半です。
特に、階段の上り下りが多い人の場合は、慌てているとポケットからiPhoneを落としてしまう可能性がありますので要注意です。

でも、仕方ない・・・と思ったあなた、少しの工夫でポケットからの落下を減らす事ができます。とても簡単な解決方法なのですが、「iPhoneを入れる場所をきちんと決めておく」だけでも、落下の頻度を下げる事ができます。iPhoneをしまっている場所が、毎回バラバラだと、そこに入れていることを忘れてしまい、そこに注意がいきません。「iPhoneは右のポケット!」など、自分で認識できていると、その場所に気が回りますので、下を向いたり、階段を上ったりするときに、注意ができるようになります。落下を防ぐためにも、iPhoneはある程度、定位置に入れておくようにしましょう。

iPhoneを守る為に事前の対策が必須

iPhoneの落下を防ぐ事は大切ですが、もっとも大切なのは、「落下した時のために事前に画面を保護しておくこと」です!G-PACK(ジーパック)はスマホの次世代コーティング。10Hの硬度と耐衝撃性で、iPhoneの画面を強力に守ります。G-PACK(ジーパック)で、画面をコーティングしておけば、万一iPhoneが落下してしまったときにも安心です。

私も先日iPhoneXRをアスファルトの道路に落としてしまいましたが、G-PACK(ジーパック)のおかげで、iPhoneの画面には全く傷がついておらず、しっかりと守ってくれたのを実感しました。

以前使用していたiPhoneは、保護フィルムを貼っていましたが、落下で画面がクモの巣のように割れてしまい、泣く泣く機種変更した苦い思い出があります。こんな経験もあり、今回はG-PACK(ジーパック)が耐衝撃性に優れていることを身をもって実感しました。
まさか自分が落とすはずないと思っている人も、「もしも」のために、G-PACK(ジーパック)でコーティングしておくことをおすすめします。

G-PACK(ジーパック)は気泡も入らないので、画面もとってもきれい。G-PACK(ジーパック)でこんなに変わるもの!?と驚く人もいるかもしれません。
G-PACK(ジーパック)は、大切なiPhoneを守ってくれる、心強い味方です。iPhoneユーザーならG-PACK(ジーパック)を使わない理由がありませんね。

このブログを書いたお店

Close Menu