iPhoneXは傷つきやすい?G-PACKでのコーティングが必須の理由

iPhoneは新機種が発売されるごとに、機能性が高くなり、デザインも進化していきます。特に2017年に発売されたiPhoneXは、ホームボタンも廃止され、全面ガラス張りの美しいデザインになりました。

今までのiPhoneとは違ったデザインで注目された人気モデルです。
2018年にはiPhoneXS、iPhoneXSMax、iPhoneXRが発売されましたが、こちらも全面ガラス張りのスタイリッシュなデザインで、愛用者が増えています。しかし、美しいデザインの反面、全面ガラス張りのiPhoneは「傷つきやすい」という残念な声もあるのも事実です。

そこで、iPhoneXシリーズを愛用している方にこそおすすめしたいのが、次世代スマホコーティングのG-PACK(ジーパック)です。

G-PACK(ジーパック)をおすすめしたい理由について紹介しますね。

iPhoneXが傷つきやすくなったって本当?

今までのiPhoneとは違い、前も後ろも全面ガラス張りになったのがiPhoneXです。つるつるとした触り心地のいい背面ガラスが特徴です。スマホ用のケースに入れてもいいのですが、その美しい外見を堪能したいとあえてケースに入れずに使っている人も多いそうです。

以前のiPhoneはステンレス製だったこともあり、傷がついてもどちらかというと目立ちにくい仕様になっていました。ガラス製になってからちょっとした傷でも目立つようになってしまい、余計に気になる人が増えてしまったのです。もちろんどちらの素材でも傷はつくのですが、目立ちやすさで比較すると圧倒的に違います。

iPhoneXは落下注意!背面まで割れてしまうことも

iPhoneは落下により画面が割れてしまうことが多くあります。たまに、画面にヒビが入ったまま使用している方を見かけますが、費用だったり時間だったり、色々な理由でなかなか直しに行けないというユーザーの声もよく聞きます。

できれば割りたくないiPhoneの画面ですが、iPhonXシリーズの場合、全面がガラス張りのため、落下した時には画面だけでなく背面のガラスも割れる可能性があります。手に持つ側が割れてしまうと、怪我をする危険もありますし、毎日使うiPhoneですからストレスに感じてしまうかもしれません。

落とさないように気を付けていても、ちょっとした瞬間に落下してしまうiPhone。デザインが変更されるたびに少しずつ強度が増しているiPhoneですが、モデルチェンジをしたiPhoneはすべてが頑丈になっているわけではなく、デザインの進化によりデリケートな部分も増えてしまうという問題点もあります。

iPhoneXはG-PACK(ジーパック)で守ろう

せっかくiPhoneXシリーズを買ったのに、傷ついたり割れたりと常に心配しているのは嫌ですよね。せっかくの美しいデザインをスマホケースで隠してしまうのも何だかもったいないように感じます。

スマホケースに入れずにiPhoneXの美しさを楽しみたいのであれば、やっぱりG-PACK(ジーパック)でしょう。G-PACK(ジーパック)は、極薄のガラス被膜でiPhoneを保護する次世代コーティングです。10Hの硬度と耐衝撃性能でiPhoneを強力に保護してくれます。施工時間はわずか15分、コーティングなので気泡も入りません。使い続ければより実感する、指通りの良い画面を保つことが出来ます。全面ガラス張りのiPhoneなら表裏の両面に施工が可能です!
どんなに気を付けていてもiPhoneを落下させてしまうことはありえますし、美しいデザインのiPhoneにスマホケースを付けるのは勿体ないですよね。

是非G-PACK(ジーパック)で全面コーティングをしてみませんか。

このブログを書いたお店

Close Menu