iPhoneのガラスコーティングはプロに任せるべき!

iPhoneの液晶画面を守るアイテムとして、少し前まではガラスフィルムが一般的でしたね。たくさんの種類が発売されているフィルムですが、値段によって品質に差があり、安価なフィルムでは硬度が低く、iPhoneの画面の保護にはなりませんでした。購入したフィルムは自分で貼り付けるのが通常で、気泡やホコリが入ってしまって残念な気持ちになることも。今は新しいアイテムとしてガラスコーティングが増えてきました。さまざまな会社から発売していて、専門家に任せるものもあれば、自宅でできる簡易的なものもあります。

G-PACK(ジーパック)のコーティングはプロが施工

G-PACK(ジーパック)は硬度10HでiPhoneの画面を保護しますので、鍵や刃物など固いもので傷がついてしまう心配がありません。極薄のガラス被膜で目にも優しく、指通りも滑らかです。耐衝撃性能や防汚効果もあり、大切なスマホを強力に保護してくれます。

G-PACK(ジーパック)は水と化学反応を起こしてガラス被膜を形成する特殊なコーティングです。個人向けに一般販売はされていませんので、G-PACK取扱店のプロスタッフが丁寧に施工します。誰でも簡単に施工できるように、品質を追求して開発されていますので、保護性能はしっかり安定。もちろん、気泡やホコリが入る心配もありませんので、綺麗なスマホ画面に仕上がります。毎日たくさんのコーティングを経験しているプロスタッフですので、綺麗に仕上げるコツも熟知しています。そして、正しい使い方のアドバイスで、G- PACK(ジーパック)の効果を最大限に発揮してくれます。

G-PACK(ジーパック)を施工してもらうのは大変?

高性能のスマホコーティングを施工してもらうには、時間も費用も掛かるのでは?と心配になりますが、G-PACK(ジーパック)なら、施工時間はわずか15分。費用もスマホ画面のコーティングなら3,240円と大変リーズナブルです。どなたでも気軽にG-PACK(ジーパック)をお試しいただけます。
G-PACK(ジーパック)の効果は最大2年間(※1)も続きます。ですから、今までのコーティング剤のように数ヶ月ごとに塗り直す手間もありません。

見た目の美しさだけでなく、スマホを保護するという大切な役割も十分に備わっているG- PACK(ジーパック)。
プロが施工するので、失敗もありません。
G- PACK(ジーパック)を施工できる取扱店は全国にありますので、ホームページからお近くのお店を探して下さいね。

※1)個人の使用状況により誤差はあります。

このブログを書いたお店

Close Menu