意外と知られていない「ガラスコーティングの仕組み」について

スマートフォンの液晶パネルを保護する方法として、もっとも一般的だったのが保護フィルムを画面上に貼り付けて保護をするというのが、一般的でした。その保護方法も、最近ではより耐久性の高いガラスコーティングを施工して、画面の割れや傷を防ぐ人が増えています

ガラスコーティングというと「スマホ画面にガラスのフィルムを貼り付ける」というイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、フィルム形式で保護を行うのではなく、「特殊な液体を液晶パネルにコーティング」するのが、ガラスコーティングになります。

ガラスコーティングがスマホ画面を保護する仕組み

ガラスコーティングはスマホ画面にコーティング剤を塗布するのですが、ガラスコーティングは特殊な液体でデリケートなスマホ画面をコーティングすることで傷や汚れが付きにくくなり、保護フィルムのように耐久性を向上出来るという仕組みです。

ガラスコーティングの場合は保護フィルム特有の気泡やごみが混入することなく、スマホ画面の指ざわりもよくなるので、スマホ画面の操作がスムーズになります。また、ガラスコーティングの多くが一度施工をしてしまえば、日常的な使い方や環境などにもよりますが、機種変更までその効果を持続できることが多いです。

ガラスコーティングというと、薄いガラス被膜によってスマホ画面を保護するという仕組みになりますが、どうしてもガラスというと「衝撃に弱い」というイメージがありませんか?

実際にガラスという性質上、衝撃荷重による破壊は一般に避けられないものです。しかし、G-PACKのガラスコーティングは硬度10Hで、「傷がつきにくく、耐久性が高い」という特長があります。

ガラスコーティングの特徴について

上記ではガラスコーティングのスマホ画面を保護する仕組みについてご紹介しましたが、スマホを保護してくれるというだけではなく、実際には多くの特徴があります。

【デリケートなスマホ画面の耐久性が向上・保護される】

ガラスコーティングは基本的に極薄の被膜になりますが、硬度があることによって日常使いで傷がついてしまうことや、衝撃による画面割れなどを防いでくれます。ガラスコーティングはスマホ画面にコーティング剤を塗る事によって画面全体を保護、強化することが出来るのと、画面以外の傷がつきやすい箇所もしっかり守ることが出来ます。

【一度コーティングをしてしまえば、長期間持続する】

折角コーティングをしても、僅かな期間で効果が薄れてしまったり、なくなってしまうのはあまり好ましくないですよね。持続期間というのはあくまで、コーティングを施したスマホの使用環境にもよりますが、「2年前後」を目安にするといいでしょう。

保護フィルムの場合は、一般的に1年を目安に貼りかえることが多く、耐久性は1年前後ということになり、耐久が期待出来る持続性という面ではガラスコーティングのほうが優れているということになります。

【解像度や操作性は変わらずに保護出来る】

保護フィルムのように、厚さのあるフィルムを画面上に直接貼るのではなく、ガラスコーティングは極薄のガラス被膜で保護をするので、画面が暗くなってしまったり・文字が見づらくなるということはなく、画面の見栄えや操作性を変えることなく、スマートフォンの耐久性を向上させることが出来ます。

また、ガラスコーティングを施した後はガラス被膜によって、指通り滑らかになるため、スマホ操作がスムーズになるという嬉しいポイントもあります。

【厄介な指紋や汚れはスムーズに拭き取れる】

毎日使うスマートフォンには、指紋汚れや普段使いで汚れてしまうことが多々あります。とくに厄介なのが指紋汚れで、指紋汚れというのは水分ではなく油分が原因にあります。油分由来の汚れになるので、保護フィルムの場合は入念に拭き取ったと思っていても、実際は汚れが薄く伸びているだけだったり、吹き残しがある場合があります。

一方で、ガラスコーティングでは、極薄のガラス被膜が指紋汚れをガラス層上にはじき出してくれます。汚れが浸透することなく、汚れをはじいている状態になるので、サッと拭くだけでキレイに出来るので、お手入れが楽になります。

【画面に光沢感が生まれ、ピカピカ・ツヤツヤに】

ガラスコーティングを施すことによって、スマホ画面に光沢感が生まれます。
保護フィルムの場合、厚さや透明度の関係でどうしても「フィルムを貼っている」というイメージが全面的に出てしまいます。
一方で、ガラスコーティングは極薄のガラス被膜になるので、「新品のスマートフォン」のように、画面全体に光沢感とツヤツヤ感がある状態に。その結果、画面映りもよくなって、文字や映像がはっきりくっきりと見えるようになります。

以上が、意外と知られていない「ガラスコーティングの仕組み」についてでした。今まではスマホ保護というと保護フィルムが一般的でしたが、高性能でコスパの良いガラスコーティングの登場によって保護フィルムではなく、ガラスコーティングでスマホ保護を行うという方が増加傾向にあります。

このブログを書いたお店

Close Menu