G-PACKと他社ガラスコーティングの違い

スマートフォンの保護方法として、以前は保護フィルムで保護を行うのが一般的でしたが、今は「貼るよりも塗る」ことで保護を行うガラスコーティングに注目が集まっています。
数多くのガラスコーティングが世に出てきていますが、実際にガラスコーティングといっても商品別に違いがあり、期待できる耐久性や特徴はそれぞれ異なります。

そこで今回は、G-PACKのガラスコーティングと他社ガラスコーティングの違いについて具体的に解説いたします。

ガラスコーティングの基本について

ガラスコーティングはスマホ画面にコーティング剤を塗布して、スマートフォンのデリケート部分である、「液晶画面」を保護するという保護方法になります。

ガラスコーティングの施工は特殊な成分を配合している液体をスマートフォンの液晶画面に塗布し、液晶画面の目に見えない小さな凹凸に入ることで、硬化して綺麗な平面のガラス被膜となります。液晶画面の凹凸に隙間なく液体が入り、硬化することで保護フィルムのように気泡が入ったり、使用していて剥がれてくるということはありません。

コーティングの施工時間は約5分~15分と短く、一度施工をしてしまうと約2年前後持続することもあり、長い持続性が特徴です。

故障原因で最も多い画面割れを防ぐにはガラスコーティングが適している

スマートフォンの液晶画面は、メーカーや端末によりけりですが非常に強固な強化ガラスで覆われています。

しかし、昨今は液晶画面のサイズも大きくなりつつあり、昔と比べて「画面サイズが大きいモデルが主流」になりつつあります。

液晶画面のサイズが大きければ大きいほど、衝撃が加わった際の負担が大きくなりますし、画面が大きいということは端末の重量も増えてしまうので、落下時の衝撃も大きくなってしまいます。また、大型のスマートフォンというのは片手で取り扱うのが難しいので、落としやすいという特徴があるのかもしれません。

しかし、本来は液晶画面という箇所は簡単に割れるような代物ではありません。それでも画面割れやヒビが入ったりするのは、それだけ大きな衝撃がスマホに加わったことが予想されますが、上述したように、スマホの大型化や使い方が大きいと思います。

落とさないための工夫と万が一落としてしまったときの予防を

スマートフォンを落とさないための対策としては、背面にバンカーリングやストラップを装着することや、衝撃吸収性に優れたカバーをスマートフォンに装着するといいでしょう。一方で落下時の大きい衝撃には保護フィルムやカバーだけでは予防出来ないことが多いです。落下した際に柔らかい土などの地面であれば画面が割れることはないかもしれませんが、コンクリートやフローリングなどであった場合、画面が割れてしまう確率は非常に高いです。

そこで、ガラスコーティングを液晶画面に施工することで、高い耐衝撃性を備えることが出来るので、画面が割れてしまうということを高い確率で防ぐことが出来るんです。

G-PACKと他社ガラスコーティングの違いについて

G-PACKでは、コーティングのイオン化されたコーティング剤で、洗浄と同時に10H硬化の強靭なガラス被膜を作り、デリケートな液晶画面につく傷や汚れを防ぎます。

また、硬いだけではなく弾力性のあるガラス被膜で耐衝撃の機能も備えています。防汚効果と撥水性もあり、画面についた皮脂やファンデーション等の汚れも簡単に落とせます。

G-PACKのコーティングは「10Hの硬度」

G-PACKではガラスコーティングで最も多い硬度9Hを超える「硬度10Hのガラスコーディング」を施工しています。硬度の単位「H」は硬度を示す表記の一つで、鉛筆硬度といいます。

10Hの硬度があると、カッターナイフなどの刃物で画面を引っ掻いても「ほとんど傷がつかない」硬さになります。デリケートな液晶画面に傷がついてしまう原因として最も多いのが「操作時の爪による傷」「カバンに入れた際に接触」が多いのですが、硬度10Hであれば、こうした日常生活の中で液晶画面に傷がついてしまったということもしっかりと防ぐことが可能です。

航空機や新幹線の外装コーティングなどにも使われている独自のガラス被膜

G-PACKで使用しているガラスコーティングは、航空機や新幹線の外装コーティングなどにも使われている「とても強度な素材」です。この強度の秘密は独自の荷電技術により「六方晶のガラス被膜」を形成するということです。一般的にガラスより硬度の高い六方晶のガラス被膜によって、画面に傷がつきにくくなり、強力な耐衝撃性で液晶画面を保護します。

スマートフォン以外にも施工が可能

G-PACKではガラス製品であれば「どんな機種でも対応可能」です。また、スマートフォンの施工以外にも対応しており、携帯電話・パソコン・カーナビ・眼鏡など、スマートフォン同様にデリケートな製品も施工可能です。

このブログを書いたお店

Close Menu