スマートフォンの画面が割れてしまう原因と対策

うっかりスマートフォンを落としてしまい、落下した衝撃で画面が割れてしまったことはありませんか?

なかには画面が割れていても操作に支障がない場合は、そのまま修理せずに使い続けているという方も多いと思います。しかし、画面が割れたスマートフォンを使い続けると、突然操作不能になる恐れがあります。そうならないためにも、快適なスマホライフを送るためには、スマートフォンの画面が割れてしまわないように対策することが重要です。

画面割れはiPhoneやAndroidといった機種の区別に関係なく起こりうるトラブル

スマートフォンユーザーが必ずと言っていいほど直面するスマホの故障やトラブルと言えば、落下による画面割れや水没、バッテリートラブル、さらには液晶のタッチ不具合などが挙げられます。どちらかというと、故障というより自己責任となる破損が多く、なかでも「液晶画面」関連のトラブルが最も多い傾向にあります。

それだけスマートフォンは自然故障よりも「トラブル」に直面しやすいということです。なぜスマートフォンにはこういったトラブルが多いのか。特にガラケーが主流だった時には使っていたときにはあまり聞かなかった画面の損傷が特に多いです。

画面割れが起きてしまう要因として、最大の原因は「液晶画面がガラスでできていること」にあります。スマートフォン以前のガラケーは画面をプラスチックで作るのが一般的でした。

しかし、スマートフォン最大の特徴である画面を直接触って操作するタッチパネルには、反応の良さや精度の関係でプラスチックよりもガラスのほうが適しているのという理由で、液晶画面にはガラスが使用されています。

タッチパネル方式を採るにはガラス素材が必要不可欠で、プラスチック素材だとタッチ操作の精度が落ちてしまいます。よって、スマートフォンの液晶割れ問題は、タッチパネルの採用と表裏一体の関係にあると言えるでしょう。

強化ガラスの採用など、メーカー側も画面が割れない工夫をしているが・・

スマートフォンの進化とともに、主部分である液晶画面も当然進化を続けています。なかでもガラス素材に関しては特別な化学強化ガラス(ゴリラガラスや旭ガラス)を採用したり、メーカー側も堅固で傷がつきにくい工夫をしています。

しかし、スマートフォンの高性能化とともに、薄型が主流になってきているので、その分ガラス素材も薄くせざるをえないという事態に。よって、スマホの画面が割れやすいという点においては今も昔もさほど変わっていない状態です。

主流スマホであるiPhoneやAndroidで割れやすさに違いはあるか

iPhoneとAndroid、日本国内においてはこの2つのスマートフォンが主に利用されていますが、iPhoneとはApple社が販売している「機種」で、AndroidはGoogle社が提供している「OS」という違いになりますが、画面の割れやすさに関しては違いはあるのでしょうか。

実際にSNSやインターネット上の口コミでは「iPhoneのほうが割れやすい」という意見が多いようです。

画面が割れやすいという意見の多いiPhoneでは化学強化ガラスであるゴリラガラスが採用されており、素材自体は他の端末と何ら変わりはありません。

iPhoneとAndroidが大きく違うのは「液晶画面の構造」「耐衝撃性能」にあります。

iPhoneは画面が割れた状態で使用しているユーザーが多い

iPhoneの場合、タッチパネルの表面が保護ガラスで覆っている構造のため、仮に画面が割れてしまったりした場合にも「そのままタッチ操作が可能」な場合が多いのです。

一方で、Androidでは構造上、画面が割れてしまうと「タッチ操作が不可能」になってしまい、タッチ自体が効かなくなるケースが少なくありません。

iPhoneでは画面が割れた状態でそのまま使えることが多いので、そうしたユーザーが目立つようになり、「iPhoneは割れやすい」というイメージが定着してしまったことが考えられます。

iPhone,Androidでも「画面割れ対策を行うならガラスコーティング」

スマートフォンの液晶画面は主部分ですが、メーカーが行った調査によると、主部分である液晶画面を割ったことのある人はなんと3人に1人という調査結果に。

毎日使用するスマートフォンだからこそ、簡単に液晶画面をコーティングし傷や衝撃から保護してくれるガラスコーティングで画面割れを対策するべきです。

ガラスコーティングなら保護フィルムよりもお手入れが簡単にできるという利点に加えて、防水・防傷性も高く、耐衝撃性に優れているという特徴があります。また、保護フィルムとは異なって全面保護が可能なので、スマートフォンを全体的に保護することが可能です。

G-PACKのガラスコーティングでは「硬度10Hのガラスコーディング」を施工しているので、カッターで画面を引っ掻いても傷が残らず、直径2cmの鉄球を150cmの高さから液晶画面に落とす落球テストも割れずにクリアしているため、スマートフォンの耐衝撃性能をとても高めることが可能となっています。

このブログを書いたお店

Close Menu