今すぐ対策!iPhoneの画面割れを防ぐ

スマートフォンのシェア率として、世界的に見ても最も多いのが「iPhoneユーザー」です。スマートフォンが登場する前までは「ガラケー」と呼ばれる携帯端末が主流で、日本国内のメーカーが積極的に端末をリリースしていました。

  • SONY
  • 日立
  • 三洋電機(SANYO)
  • 東芝
  • シャープ
  • カシオ
  • 富士通
  • NEC

上記のように、日本国内でも有数のメーカーが携帯端末をリリースしていましたが、スマートフォンが主流となった今、多くの国内メーカーが携帯端末の事業から撤退しています。特筆すべきは、海外のメーカーが主流になったことでしょう。スマートフォンの王道である「Apple」にギャラクシーを筆頭とした「Samsung」など。海外メーカーが台頭してきた中で、最も変わったのがメンテナンスや修理方法です。

画面がヒビ割れているまま放置しているiPhoneユーザーが多数

電車や学校のなか、会社のオフィス内で画面にヒビが入ったままのiPhoneをそのまま使い続けている方を見かけた経験はありませんか?何故壊れかけのiPhoneを使い続けるのでしょうか?

まず1つ挙げられるのが、iPhoneの修理方法にあります。上述したように、ガラケーからスマートフォンへ移行した際、国内メーカーから海外メーカーが主流となり。携帯端末の修理というものがややこしいシステムになってしまいました。特にiPhoneが壊れた時の一般的な修理方法は、キャリアや購入先ではなくAppleに依頼することになります。仮にキャリアに持ち込んでもAppleに依頼するように促されてしまいます。

Appleに修理を依頼する方法もAppStoreへ持ち込む方法と配送修理の2通りがあり、さらに予約が必要なため面倒に感じるかもしれません。

また、修理に出すと「データが初期化されてしまうこと」も念頭に置いておく必要があります。Appleに修理を依頼するとすべてのデータが初期化されてしまうため、Appleは修理に出す事前準備として、端末のデータのバックアップ、「iPhoneを探す」をオフ、端末を初期化するようにアナウンスしています。

このように、手順が分かりづらく・修理に出す際の準備に手間がかかるので「損傷したiPhoneをそのまま使い続ける」というユーザーが多いといえそうです。

なぜ「画面がヒビ割れているiPhoneユーザーが多い」のか

画面が割れたスマートフォンといえばiPhoneユーザーというほど、そのイメージは強いです。なかには「iPhoneはAndroidよりも画面が貧弱なのでは?」と疑問を持たれる方も居るでしょう。

結論からいうと、iPhoneもAndroidも画面の強度に大差はないのです。まず1つ挙げられるのが日本のスマートフォンユーザーにおいて最も多いのがiPhoneユーザーになります。Androidユーザーも決して少ないというわけではありませんが、日本国内ではiPhoneユーザーのほうが多いということになります。

そして2つ目が、iPhoneは画面にヒビや多少の割れが入った状態ならそのまま使い続けることが出来るということが挙げられるでしょう。これはスマートフォンの構造によるもので、逆にAndroidの場合は画面にヒビや割れが起きてしまった場合は「使用不能」なる場合が殆どです。これがiPhoneとAndroidの大きな違いでしょう。もちろん、Androidでも画面やヒビ割れが起きても使い続けることが出来る端末は存在するかもしれませんが、あくまでメーカー次第です。

このように、iPhoneの液晶画面が脆いというよりも、画面にヒビや多少の割れが入った状態でも難なく使用出来るので、修理せずに使い続けているユーザーが多いということです。

しかし、難なく使用出来るとっても、放置していると故障に繋がったり、さらに悪化してしまう可能性も考えられるので、まずは「画面の保護を最優先に」することが重要です。下記でご紹介するG-PACKという次世代のガラスコーティングなら、キズ・汚れ・衝撃といったあらゆるダメージからiPhoneを守ることが可能です。

G-PACKでiPhoneの画面割れ・ヒビ割れを防ぐ

iPhoneの液晶画面が割れてしまったり、ヒビが入ってしまう原因として考えられるものはなんでしょう。スマートフォンの進化により、主流は「端末はより薄くなり、画面が大きく」なりつつあります。なかには小さい端末を好む方もいるかもしれませんが、手の小さい方では非常に持ちづらいほど、大型しているのが現状です。

大型化しているスマートフォンで最も多いのが「落としてしまう」ことでしょう。その他にも、踏んでしまったり、上に物を置いたときに画面が割れたり、ヒビが入ってしまうのです。もちろん、こういったダメージは普段の行動で注意していれば防げるかもしれませんが、うっかり落としてしまうことは防ぎようがありません。そこで、役立つのが「G-PACK」になります。

ハンマーの衝撃にも耐えるほどの保護性能

実際にG-PACKの施工したスマートフォン(iPhone端末)に対し、デリケートな液晶画面を「ハンマーで叩く」動画があるのでご紹介します。

上記の動画のように、ハンマーで液晶画面を叩いても、ヒビや割れはもちろん「キズひとつ付いていない」のが確認できると思います。なぜキズ1つ付かないのかというと、硬度10Hという硬さの次世代のガラスコーティングを施工しているためです。

このようにG-PACKなら液晶画面のヒビや割れはもちろん、キズさえも防止出来るので、AndroidユーザーはもちろんiPhoneユーザーの方にオススメの保護方法です。

このブログを書いたお店

Close Menu