スマートフォンを落とした!落下で起こる問題・その予防策

毎日使用するものだからこそ、ついつい、多くの方が手荒に扱ってしまいやすいのがスマートフォンです。スマートフォンも進化を続けており、メーカー側もより丈夫な強化ガラスを採用したり、防水・防塵機能を取り入れたりと試行錯誤を重ねており、ガラケーとは異なって買ってすぐに故障してしまったということは少なくなりました。

しかし、スマートフォンはあくまでも精密機器の一つであり、パソコンのように繊細な電子回路を積み込むコンピューターデバイスである事を忘れてはなりません。

スマートフォンは落としてしまいやすい

そんなスマートフォンで起こしやすいトラブルの一つに、つい手元が緩んでしまい落下させてしまうといったものがあります。パソコンとは異なり、いつでも気軽に取り出して触れるスマートフォンからこそ、いつでもどこでも落下の可能性はあります。言ってしまえば、スマートフォンの特性上、気を付けていても「落としやすいデバイス」ということになるでしょう。

繊細な電子回路を積み込んだスマートフォンだからこそ、高価なものなので、落下防止策としてカバーを取り付けたり、保護フィルムなどで対処している方がほとんどなのではないでしょうか。
しかし、予防策をしているから「落とした時も安心」と思われている方は危険です。実際には、外部に影響がなくても端末にダメージを受けてしまっている場合や、保護フィルムやカバーでしっかりと保護をしていたのに、「画面が割れてしまった」と嘆いている方が数多くいるのです。

保護フィルムはキズや汚れ防止には役立ちますが、「薄く柔らかい」という性質のため、強い衝撃時には保護の意味を成さないことがあります。また、スマートフォンは購入する時も高価ですが、修理内容によってはとても高い費用が掛かってしまうことも。

下記ではスマートフォンをうっかり落としてしまった時に考えられるトラブルと、正しい予防策をご紹介いたします。

スマートフォンを落とした時に考えられるトラブル

スマートフォンは繊細な電子回路を積んだコンピューターデバイスなので、「強い衝撃」には当然弱いという性質があります。うっかりスマートフォンを落としてしまった場合に、下記のようなトラブルが考えられます。

▼液晶画面が映らない・タッチパネルが反応しない

スマートフォンの落下時にも起こりやすいトラブルの一つで、こうなってしまった場合はスマートフォンをメーカー側へ修理に出すしかありません。

液晶画面が映らない場合は、「液晶画面そのもの」が破損してしまっていたり、操作が一切できない場合は「端末の内部の損傷」が考えられ、電子回路が落下のダメージで歪んでしまったり、正常に動作していないということが考えられます。

また、修理費用も最も高くつくトラブルといえるでしょう。修理で無事に直ったとしても「データが初期化されている」などの様々なデメリットも考えられます。

▼端末のコーティング剥がれやキズなどの外部的損傷

カバーで保護を行っていない場合、このような外部的損傷のトラブルが起こりえます。一見するとスマートフォンの操作等には何ら影響はなさそうですが、実はダメージを受けているということもあるので注意が必要です。

  • たまに再起動を繰り返す
  • 操作をしていると挙動がおかしい
  • タッチ操作が反応しないときがある

上記のように、スマートフォンを落としてすぐには問題がなくとも、後日不具合が生じてしまう事も多いものです。

▼液晶画面が割れてしまった・ヒビが入った

スマートフォンの落下トラブルで、一番多い故障と言われているのが、液晶画面が割れてしまったり・ヒビが入るといったものです。

なかには割れたまま・ヒビが入ったままのスマートフォンを使用しづつけるというユーザーもいるみたいですが、いつ故障してもおかしくない状態なので、大変危険です。

また、スマートフォンの構造はメーカーによりけりなので、液晶部分だけを交換するだけ済む場合もあれば、液晶と一体になっている部品を丸ごと交換しないといけない場合も考えられます。

スマートフォンのあらゆる落下トラブルはG-PACKで対策する

上記でご紹介したように、スマートフォンを落としてしまった時には様々なトラブルが考えられ、修理する費用もとても高額です。そうならないためにも「事前のスマートフォン保護」がとても重要です。

スマートフォンはどういった保護をすればいいのか分からないという方にオススメなのが「G-PACK」になります。G-PACKは保護ケースでもなく、保護フィルムとも違います。スマートフォン本体に直接施工する次世代のガラスコーティングになります。

使用している成分は飛行機や新幹線にも使われている信頼性の高い日本製で、硬度10Hというとても強固な保護性能で、あらゆるダメージからスマートフォンから守ってくれます。また、保護フィルムのように気泡が入ったりすることがなく、耐久性も2年と長期に渡って持続するので、新しいスマートフォン保護の選択肢として、とてもオススメです。

下記では、G-PACKの具体的な保護性能を検証した動画があるので、紹介いたします。「キズに強く衝撃にも強い」という性質があるので、あらゆるスマートフォンユーザーの方達にとってオススメの保護方法になります。

【1】10Hの硬度でキズがつきにくい

下記は実際にG-PACKを施工したスマートフォン(iPhone)に対し、「カッターナイフで画面を引っ掻いている」検証動画になります。本来のスマートフォンであれば、キズがつくのが普通ですが、G-PACKを施工していることにより、キズはついていません。

【2】特殊なガラス被膜で衝撃を吸収

続いてはG-PACKを施工したスマートフォンに対して「ハンマーで液晶画面を叩く」検証動画になります。通常であれば細かいキズや、ヒビが入ってしまいますが、G-PACKを施工しているため、ハンマーからの衝撃を吸収しているのを確認していただけると思います。

上記の動画のように、G-PACKなら液晶画面のキズや割れはもちろん、衝撃を吸収出来ます。日常生活においてうっかり落としてしまいやすいスマートフォンだからこそ、しっかりと落下時のダメージを予防出来るG-PACKは、オススメのスマートフォン保護方法になります。

このブログを書いたお店

Close Menu