スマートフォンは傷がつきやすい?傷の対策と予防策について

時代の変化と共に大きな進化を続けてきた携帯電話。昔も今も私達の生活にとって欠かせないといっても過言ではありませんが、ガラケーからスマートフォンへ移行したことでOSを搭載したり、パソコンと遜色ない使い方が可能になりました。

一方で、スマートフォンが主流になったことで耐久性という面での繊細さは増したといえるでしょう。スマートフォン端末のなかには極小のチップやパーツが埋め込まれています。内部以外にも多くのスマートフォンがプラスチックや金属ではなく、タッチパネル以外にもガラス素材を採用していることは珍しくなく、簡単に傷がついてしまう可能性があります。

どういった原因でスマートフォンが傷ついてしまうのか

上記でもお話したように、最近では全面ガラス素材を用いたスマートフォン端末が数多く存在します。例でいうとiPhone やソニーのXperia(エクスペリア)など。ガラスといってもスマートフォンに採用されているほとんどが「強化ガラス」で、ある程度の傷や衝撃に耐えうる設計で作られています。

それでは強化ガラスが採用されているのにスマートフォンが傷ついてしまう原因はなんでしょうか?スマートフォンに傷がついてしまう原因として、下記が考えられます。

▼スマートフォンを他のモノにぶつけてしまっている

「スマートフォンにいつの間にか傷がついていた」という経験はありませんか?スマートフォンは毎日使用するものだからこそ、気が付かないうちに傷がついていたということがあります。考えられるのがスマートフォンを手で持っていたりポケットに入れている状態で、他のものとぶつけてしまうことによって傷がついてしまうことがあります。

スマートフォンが他のものとぶつけてしまうことによって出来る傷の対策方法

  • ガラスコーティングを施す
  • 保護フィルムを張り付ける
  • スマホケースを装着する

▼スマートフォンを落としてしまった

スマートフォンは薄っぺらい形状のために、どうしても手の平から滑り落ちてしまうことがよくありますよね。うっかり落としたスマートフォンは傷がついてしまう可能性がとても高く、外傷以外にもスマートフォン内部にダメージを及ぼす可能性もあります。

また、特に懸念されるのが画面のひび割れなどの故障です。例え動作したとしても、クモの巣状にひび割れした画面では視認性が悪いですし、とても使いずらくなってしまいます。そのため、スマートフォン落下の対策として落下時に衝撃を吸収してくれるようなガラスコーティングなどの保護をスマートフォンに行いましょう。

スマートフォンをうっかり落としてしまったときの対策方法

  • ガラスコーティングでしっかりと保護を行っておく(硬度10HのG-PACKがおすすめ)
  • スマホリングを着用する(スマートフォンにしっかりと固定できるもの)
  • スマホケースを装着する

あらかじめ保護を行うことで「スマートフォンに傷がつくことを予防」する

 

スマートフォンに傷がつかないようにするためには、タッチパネルに傷がつかないようにソフトタッチで操作をしたり、物にぶつけたり落下させてしまわないように気を付けたりするということが挙げられますが、毎日使用するスマートフォンだからこそ、使用する度に神経質になっていては気が滅入ってしまいますよね。

そこで現実的なのが「仮に誤って落下をさせても・物にぶつけても」最小限の被害で済むようにあらかじめスマートフォンの保護を行うことです。スマートフォンの保護をしっかりと行うことで、傷や衝撃からスマートフォンを守れるようになります。

一方で、スマートフォンの保護といっても傷や衝撃からスマートフォンを100%保護出来るというわけではありません。それでも、保護を全くしていないという状態よりも、スマートフォンを物にぶつけてしまったり誤って落としてしまった落下時の衝撃からスマートフォンを守れることは確かです。

傷がつきやすいスマートフォンの保護にはガラスコーティングがおすすめ!

スマートフォンの保護というと保護フィルムが一般的でしたが、今ではガラスコーティングという特殊なガラス被膜によってスマートフォン保護を行う画期的な保護方法があります。

ガラスコーティングの良い点として、

  • 保護フィルムのように白くなったり、解像度が低くなったりしない
  • 一度施工すれば長持ちする
  • 衝撃に強く、傷にも強いという特徴
  • 特殊なガラス被膜によって指通りが滑らかになる

といった数々の嬉しいメリットがあるため、「普段からよくスマートフォンに傷をつけてしまう」「保護フィルムは苦手・あまり好きじゃないという方」にもおすすめの保護方法になります。

以上が「スマートフォンは傷がつきやすい?傷の対策と予防策について」についてでした。

「普段から気を付けているのにスマートフォンの傷で悩んでいる」という方は、ぜひこの記事を参考にして、悩ましいスマートフォンの傷対策として役立ててもらえればと思います。

このブログを書いたお店

Close Menu