【動画あり】叩いても切っても平気?G-PACKの実力について

私たちの生活で欠かせないデバイスであるスマートフォン。毎日使用するものだからこそ、なるべき綺麗な状態で大事に使いたいものですよね。

スマートフォンを機種変更する際に、今まで使っていたスマートフォンと新しいスマートフォンを見比べると「こんなにボロボロだったんだ」とビックリした経験はありませんか?新しいスマートフォンだからこそ余計に綺麗に見えるのかもしれませんが「もっと綺麗に使えていたんじゃないか」と考えることもあります。

スマートフォンは日常生活で肌身離さず使用するものだからこそ、少しずつ意図していない時に小傷がついてしまうのです。とくに変えたばかりの新しいスマートフォンに小傷とはいえ傷を見つけたときにはショックなものです。

そんなときにおすすめなのが、G-PACKというガラスコーティングです。

新幹線や飛行機の外装にも使用されるほど信頼性の高い技術

G-PACKはガラスコーティングという施工方法で、スマートフォンを保護を行う方法です。

保護フィルムはスマートフォンの画面部分に直接貼り付ける保護方法になりますが、ガラスコーティングは特殊な液体を硬化させることで、ガラス被膜で液晶画面を覆う保護方法になります。

皆さんのスマートフォンは端末のどんな部分に傷があるでしょうか?恐らく最も多いのが画面部分になるかと思います。もちろん端末裏部分の塗装が剥げていたり、端末の角が欠けているということもあるでしょうが、スマートフォンの画面は指で最も触れる部分ですから、最も傷がつきやすいのです。

画面は透明なので、ネットサーフィンや動画などを見ている時にはあまり気づかないものですが、実際には多くの小傷がついています。そこでオススメしたいのが、G-PACKの施工です。

G-PACKの特徴

  • 硬化10Hの硬さで液晶画面につく傷を防ぎ、落下時の衝撃からスマートフォンを守る
  • カーナビやタブレットなど、ガラス製品であればスマートフォン以外にも施工が可能
  • 厄介な指紋汚れが落ちやすくなり、お手入れが簡単になる
  • スマホ操作がスムーズになる
  • 施工後は効果が長持ち

G-PACKはハチの巣のような構造をした極薄のガラス被膜を画面に覆うことによって、上記のようにいくつかの効果が望めます。実際に飛行機や新幹線の外装コーティングにも採用されており、とても信頼性の高い技術です。

G-PACKの実力について

G-PACKでは硬度10Hを実現しており、硬度10Hというのは業界初です。硬度というのは硬さを表す単位で、数字が高ければ高いほど保護性能が優れているということになります。

一方で、硬度10Hと言われてもピンとくる方は少ないのではないでしょうか。下記では実際にG-PACKの硬度10Hが「どんな耐久性があるのか」を実証するために検証した動画があるので見てましょう。

G-PACKのガラスコーティングを検証した動画

下記では、G-PACKのガラスコーティングを施したスマートフォンに対して、耐久性の検証をした動画があるのでご紹介します。まず1つ目はカッターナイフでスマートフォンの画面を切る動画です。

スマホコーティングG-PACK(カッターテスト)

【1】カッターナイフで画面を切る前

実際に動画内で使用しているスマートフォンはG-PACKを施工している状態になります。動画を見ていただけると一目で分かりますが、カッターナイフで画面を切る前は「傷がない状態」を確認していただけると思います。

【2】カッターナイフで画面を切ったスマートフォンを確認

上記の画像は実際にカッターナイフで複数回画面を切った後の画像になりますが、スマートフォンに「傷が一つも付いていない」ということを確認出来ます。

カッターナイフで画面に傷が付かない理由として挙げられるのが、カッターナイフの硬度よりもG-PACKの硬度の方が高いということです。

続いてはG-PACKを施工したスマートフォンにハンマーでスマートフォンを叩くテスト動画になります。

スマホコーティングG-PACK(ハンマーテスト)

【1】ハンマーで画面を叩く前

実際に動画内で使用しているスマートフォンはG-PACKを施工している状態になります。ハンマーで画面を叩く前は傷やヒビがないのを確認出来ます。

【2】ハンマーで画面を叩いた後のスマートフォンを確認

上記の画像は実際にハンマーで複数回画面を叩いた後の画像になりますが、スマートフォンに「傷やヒビなどがない全く状態」ということを確認出来ます。

こちらもカッターナイフの時と同様に、ハンマーの硬度よりもG-PACKの硬度の方が硬いからということになります。

以上が【動画あり】叩いても切っても平気?G-PACKの実力についてでした。実際にカッターナイフで画面を切る動画とハンマーで画面を複数回叩く動画をご紹介しましたが、G-PACKを施工していないスマートフォンであれば、当然ながら傷がついたり、画面にヒビが入っていてもおかしくありません。

動画内で使用したスマートフォンが何ともないのはG-PACKを施工しているためです。G-PACKを施工することによって傷や衝撃から守れるのはもちろん、買ったばかりのスマートフォンを綺麗な状態で保てたり、汚れが落としやすくなるという利点もあるので、気になった方は是非G-PACKの実力を実感していただければと思います。

このブログを書いたお店

Close Menu