スマートフォンの寿命はどれぐらい?また長持ちさせる方法について

皆さんが今使用しているスマートフォンは何年使用していますか?恐らく「0~5年の間」の年数でスマートフォンを使用しているという方が多いのではないでしょうか?スマートフォンは毎日使用する物であり、数年に渡って使用していると寿命が短くなったり劣化してしまうことはどうしても避けられない問題です。

スマートフォンの寿命は使用環境やメーカーによってよりけりですが、しっかりと対策を行うことでスマートフォンの寿命を大きく伸ばすことが可能です。「買ったばかりなのにスマートフォンの調子が悪い」ということがないように、スマートフォンの寿命を長持ちさせるポイントについてしっかりと確認しましょう。

スマートフォンの平均寿命は約5年

近年では普及率がすさまじく、ほとんどの方が所有しているスマートフォンですが、ガラケーとは異なって高機能であるがゆえに端末の価格が非常に高くなっています。なかには10万円を超えるスマートフォンも珍しくありません。

高価なスマートフォンだからこそ長く使いたいものですが、実際にはスマートフォンにも耐用年数があり、寿命があります。そんなスマートフォンの平均的な寿命は約5年といわれており、多くの人が5年未満で新たに買い替えるというケースが多いのではないでしょうか?

スマートフォンは精密機器の一種であり、様々な部品が使用されているからこそ、故障や不具合以外の理由で買い替えるというケースも多くあります。

例えばスマートフォンに使用されているOSというプログラムについて。パソコンにWindowsなどのOSがあるように、スマートフォンにもOSが使用されています。OSはセキュリティの観点や利便性を向上させるために定期的にアップデートされますが、スマートフォンが古くなってくると最新のOSに対応出来ずにセキュリティに弱くなったり、動作面で不具合が出てくるということが挙げられます。

下記ではスマートフォンの寿命が残り少なくなった場合に起こりえる症状についてご紹介いたします。

スマートフォンの寿命が残り少なくなった時に起こる症状

上述したようにスマートフォン本体の寿命は、特定の期間や目安が定められているわけではありません。こればかりはメーカーや機種毎、使用環境によって前後します。そのため、一概に「スマートフォンの寿命は〇年」と決めることは難しいのです。

一方で、スマートフォンの寿命を判断する基準として役立つのが、下記でご紹介する寿命が残り少なくなってきた時に現れる「様々な症状」です。

【充電の減りが早くなってきた】

スマートフォンを長年使用している際に最も実感しやすいのが、バッテリーの劣化です。バッテリーの寿命は通常2年と言われています。しかし、2年以内に充電の持ちが悪いと感じることがあるでしょう。バッテリーは消耗品であるため、定期的に交換すれば良いですがスマートフォンの種類によっては自分でバッテリーの交換が出来ない端末も存在します。

最近では防水や気密性を高める関係で、昔のようにバッテリーを自分で容易に簡単出来なくなりました。例えばiPhoneには裏蓋という概念がなく、ドックコネクタの両側にある星型ドライバーを取り外し、接着テープを剥がしながらバッテリーを外すという作業が必要になるため、通常はショップで交換してもらうのが一般的です。

【起動中のアプリが突然落ちる、アプリを起動出来ない】

スマートフォンの進化に伴って、アプリも進化を続けています。最新の技術を使用したゲームに、様々な作品を楽しめる動画アプリなど。一方で、頻繁にアプリが突然落ちるような症状が出てきたら、スマートフォンの寿命と言えます。

こうした症状が起こる理由として、日々進化していくアプリの起動や処理に「スマートフォンの処理能力が追い付かない」ということが挙げられます。これは搭載しているCPUやメモリなどのパーツが関係しており、いわゆるスマートフォンのスペックに関係します。

当然ながら新しいスマートフォンのほうがスペックは優れており、古いスマートフォンはスペックの関係で処理能力が年々追い付かなくなってしまうということが起きてしまいます。

スマートフォンを長持ちさせる方法

せっかくスマートフォンを新しく買い替えた場合、せっかくなら長く使用したいものですよね。実際にはちょっとした工夫をすることで、寿命をちょっとでも伸ばせる可能性があります。下記ではスマートフォンを長持ちさせるためのポイントをご紹介します。

【スマートフォン本体の保護を行う】

スマートフォンの故障といえば最も多いのが「液晶画面のヒビや傷」です。最近ではスマートフォンは大型化しており、使用時に手のひらから滑って落下しやすい傾向にあります。

落下による液晶画面の故障や衝撃によるバッテリーの劣化を防ぐためにも、「しっかりとスマートフォン保護」を行いましょう。

▼スマートフォンの保護に関しては下記の記事を参考にしてください。

【充電しながら操作をしない】

充電しながらゲームやブラウザを閲覧していると、バッテリーに負荷が掛かってしまうため、「発熱が原因で寿命を早めてしまう」恐れがあります。そのため、スマートフォンを充電中は触らずに充電で終わるまで放置して置くことをおすすめします。

【常に充電はNG】

バッテリーの減りが早くなってくるとやりがちなのが「ずっと充電しておく」という状態。これを過充電といい、バッテリーとスマートフォンの劣化に繋がる行為となります。

スマートフォンの充電をする際の目安として、理想的なのが「80%前後」で充電を止めることです。スマートフォンの充電レベルは常に40〜80%の間にしておくことが推奨されており、特に就寝時などは長時間スマートフォンを充電するのではなく、80%前後まで充電が溜まった段階で充電を止めることをおすすめします。

このブログを書いたお店

Close Menu