貼らずに保護!素のスマホ派の方にオススメしたい「G-PACK」

今やスマートフォンは便利なデバイスという枠を超えて、一種のアクセサリーのような捉えられ方をされることが珍しくありません。

実際に多くの人がスマートフォンを所有しており、デザイン性が高いスマホケースを装着したり、アクセサリーで装飾しておしゃれを楽しんでいる方も少なくありません。

一方で、最近のスマートフォンはデザイン性が高いことが挙げられます。例えばスマートフォンの代表格であるiPhoneは緻密な計算で作られた薄さに、美しいデザインとなっており、なかには保護フィルムやスマホケースを装着せずに使用したいという方もいるでしょう。

そんな方々におすすめしたいのが、下記で紹介する「G-PACK」。保護フィルムやガラスフィルムとは異なるスマートフォン保護の一種です。

G-PACKとはどんな保護方法なのか

これまでのスマートフォン保護というと、液晶画面に直接貼り付ける「保護フィルムやガラスフィルム」が一般的でした。一方で、G-PACKは液晶画面に貼り付けるのではなく、特殊な液体を硬化させることで「画面に薄いガラス被膜」を覆う保護方法になります。

皆さんは今現在、スマートフォン保護を行っているでしょうか?恐らく、ほとんどの方がYESと答えることでしょう。なかでもスマートフォン保護で最も一般的なのが保護フィルムやガラスフィルムなどのフィルムを画面に直接貼り付ける保護方法になります。

しかし、画面に貼り付けるフィルムには大きな欠点があります。それは記事の冒頭でも解説したように、スマートフォン本来の「美しさを損なう」という点です。一方で、G-PACKならスマートフォン本来の美しさを保ったまま保護を行うことが可能です。

G-PACKのポイント

  • 施工後は効果が長期間持続する
  • 硬度10Hという保護性能で、あらゆる「傷や衝撃」から保護
  • 指紋汚れやファンデーションなどの汚れが落ちやすくなる
  • ガラス被膜で画面を覆うことで、光沢が生まれ、指通りが滑らかに

上記のようにG-PACKにはいくつかのポイントがあります。

とくにG-PACKのポイントである硬度10Hというのは業界初であり、その保護性能は日常生活で起こってしまう傷や衝撃からスマートフォンを確実に守るために優れた性能となっています。そのため、「スマートフォンをよく落としてしまう」「画面が傷だらけ・・」といった問題への対処と予防をすることが可能です。

G-PACKと保護フィルムの違いについて

G-PACKの特徴については、上記でご紹介しましたが保護フィルムとの違いはどこにあるでしょうか。G-PACKと保護フィルムの2つはスマートフォンを保護するという点では共通していますが、保護性能や施工方法が大きく異なります。

G-PACKと保護フィルムの違いについて比較してみましょう。

G-PACKと保護フィルムの違いについて

施工方法の違いについて:
保護フィルムは直接画面に貼り付ける。
G-PACKは特殊な液体を液晶画面に施工する

保護性能について:
保護フィルムは柔らかい素材のため、「深い傷や強い衝撃には弱い」
G-PACKは硬度10Hの硬さで保護をするため、「傷や衝撃に強い」

外観の違いについて:
保護フィルムは画面に直接貼り付けるため、液晶画面が「白くなったり、見づらく」なってしまうことがある。また、気泡が入り込んでしまうことも。
G-PACKは無色透明であるため、スマートフォンの「見た目の変化はなし」

タッチの感触について:
保護フィルムは画面に厚みが出てしまうために「タッチの感度が下がる」ことがあります。
G-PACKは極薄のガラス被膜であるため、タッチの感度下がることなく指通りが滑らかになる効果もあります。

このように、スマートフォン保護という点では共通していますが、保護フィルムとG-PACKでは大きな違いがあります。

そもそもスマートフォンの「液晶画面の表面には目に見えない凹凸」が無数に存在しています。そのため、保護フィルムのようにフィルムを直接貼り付ける施工方法だと、スマートフォンとの間に空間が生まれてしまい、そこからホコリや気泡が混入してしまったり、タッチ感度が下がってしまうという問題があります。

一方で、G-PACKなら液晶画面にある凹凸の隙間を満たし、完全に硬化することで「液晶画面を滑らかに・隙間なく」コーティングすることが可能です。

タッチ操作の反応を鈍らせたりすることはなく、画面の滑り心地はむしろ抜群です。スマートフォン本来の使い心地を維持しながら、画面を保護できるのがG-PACKです。

G-PACKはどこで施工が可能?

G-PACKは特殊な液体を使用し、施工時には知識と技術を要するために保護フィルムのように一般販売はしていません。そこで、G-PACKをスマートフォンに施工する場合はお近くの取り扱い店で施工をする必要があります。

G-PACKの取り扱い店は北海道エリアから九州エリアまで全国を中心に存在するため、「G-PACKを施工してみたい」「スマートフォンを買ったばかりだからしっかりと保護をしたい」などのようにお考えの方は、下記の店舗一覧ページから近隣のG-PACKの取り扱い店を探してみてくださいね。

▼店舗一覧ページは下記から

このブログを書いたお店

Close Menu