iPhoneに保護フィルムは必要ない?その理由と根拠について

多くの人が手にしているスマートフォン。数あるスマートフォンの中でも世界中でシェア率が高いのがapple社で知られるiPhoneです。

圧倒的なシェア率を誇るiPhoneですが、時には「液晶画面が割れやすい」「ガラスが脆いからヒビが入りやすい」といった噂が多いです。そのため、iPhoneを購入した時にはまず保護フィルムを購入して即座に貼り付けるといった方も多いのではないでしょうか?

しかし、仮に保護フィルムを貼り付けていても落下時の衝撃やキズからiPhoneをしっかり保護出来るかどうかと言われると大きな疑問です。使用しているうちに端から剥がれてしまうこともあれば、気泡やゴミが入り込んでしまって見た目を損なうこともしばしば。

そもそもiPhoneにはガラケーとは異なり、保護フィルムが適していないという意見もあります。

保護フィルムを貼るという点において多くの疑問が浮かんできますが、今回はその疑問について幾つかのポイントを交えながら解消出来ればと思います。

保護フィルムは「ただ貼っているだけ」の状態に近い

保護フィルムで多くの方が勘違いしているのは「保護フィルムを貼っているから安心」という勘違いをしてしまっていることです。保護フィルムはあくまでキズや汚れを防ぐ目的で作られているため、「強い衝撃からは守れない」ということが挙げられます。

これが保護フィルムという製品の大きな誤解と言えるでしょう。多くの方は保護フィルムでiPhoneの画面割れやヒビを防げると思い、保護フィルムを貼り付けていますが「保護フィルムを貼っていたのに割れて(ヒビが)しまった」という経験から、iPhoneは液晶画面が脆いというイメージが一部の人達で囁かれるようになったのではと考えています。

iPhoneの故障率で一番の多いのはやはり液晶画面関連の故障になります。落下時に強い衝撃が加わるとどんなスマートフォンでも液晶画面は割れたりヒビが入ってしまいます。

仮に保護フィルムを貼っていてもガラス片が飛び散ることはありませんが、保護フィルムの下側ではヒビがしっかりと入ってしまうということです。

iPhoneに保護フィルムを貼っても無意味な場合が多い

上記でご紹介したように、iPhoneに保護フィルムを貼っても「落下時の衝撃から保護出来ない」と分かりました。

一方で、近年では落下時の衝撃を考えたサファイアガラス製の保護フィルムなども存在します。ただし、他の保護フィルムよりも高価であるためにコスト面を考えると現実的ではありません。そのため、今回はあくまでPET素材である一般的な保護フィルムを題材に紹介しています。

iPhoneの液晶画面は強化ガラスで作られている

iPhoneの液晶画面には強化ガラスの一種である「ゴリラガラス」という特殊な強固なガラスが採用されています。そのため、実際には簡単にキズがつくこともありません。また、apple社もキズや落下時の衝撃を想定した設計をしているはずです。

そのため、強化ガラスの上に保護フィルムを貼り付けても、ただ画面が見づらくなってしまうのです。それでもiPhoneの液晶画面にキズがついてしまう可能性があるとすれば、

  • 液晶画面より硬いものが接触した(鍵や金属類)
  • メーカーが想定した以上に衝撃を受けた(アスファルトに落下など)

上記のように、iPhoneには強化ガラスが採用されているために保護フィルム以上の強度があるわけです。仮に保護フィルムを貼り付けていても、強い衝撃を受けた際には保護フィルムで吸収出来ずに、液晶画面にもダメージが及んでしまいます。

そのため、iPhoneの保護を行う際にはゴリラガラス以上の強度がある保護を画面上に施工しなければ意味がないと言えます。

▼iPhone本来のデザインや解像度を楽しめる

保護フィルムを貼ってしまうと、iPhoneが本来保有している解像度であったり、デザインを損なってしまうということが挙げられます。買ったばかりのiPhoneに即座に保護フィルムを貼り付けて使用している場合、「液晶画面のきれいな発色や解像度を体験していない」可能性があります。

このように、iPhoneの液晶画面に保護フィルムを貼らない状態が一番綺麗なんです。

まとめ

何気なく貼っている保護フィルムですが、キズや落下時の衝撃からiPhoneを保護するという観点ではあまり効果は得られないということはお分かりいただけたと思います。

保護フィルムには様々な種類があり、ブルーライトカット機能やのぞき見防止フィルター機能が備わっているフィルムも存在します。このように保護フィルムをどうしても貼り付ける場合は機能性を重視した製品をチョイスすると良いかもしれません。

一方で、強い衝撃からは保護は出来ないため、iPhoneを確実に保護をするには「G-PACK」のような硬度が高いガラスコーティングを施工するのがオススメです。ガラスコーティングの場合はiPhoneを外観を損なうことなく、素の状態のiPhoneを保ちながらしっかりと保護することが可能です。

以上が「iPhoneに保護フィルムは必要ない?その理由と根拠について」についてのご紹介でした。

iPhoneを購入した際に、保護フィルムを貼るかどうか迷っている方はぜひ参考にしていただければと思います。

このブログを書いたお店

Close Menu