新型ウイルスの寿命は?  除菌すべき頻度は?  正しい除菌方法は?  今や多くの方が、衛生面について気にしています。

そのことはスマホについても同じです。

 

手をいくら消毒や除菌をしても、ウィルスやばい菌を浴びているスマホを触っていては意味をなしません。

そこで、重要なスマホに対する除菌、抗菌対策について解説していきます。

スマホや携帯電話はウイルスや細菌の温床に?

スマホや携帯電話は日常で触れる機会が多い機器ではないでしょうか? 便利であるだけでなく、電車内から待ち時間までいろんなところで使用しているため細菌が付着する機会が多いとある細菌研究者もいわれています。

マスクをして飛沫感染を防いでいたとしても電話として使うスマホにウィルスが付着しているといわれても確かにと思われた方は多いのではないでしょうか?

では、除菌シートなどを付ければいいかという話になりますがシートを張る際に手を消毒しないと結果的に細菌をスマホの中に閉じ込めてしまう事になります。

スマホに付着した細菌への対応をどうしていくか

環境によって付着した細菌の量はかわるとされていますが、それでもスマホを安全にきれいにしていきたいですよね?

屋外に置いておかずにポケットに入れておいてもそれほどウィルスの付着量は変わらないともいわれています。

ですが、G-Packの抗菌コーティングであればそういった悩みも解決できます。

マイクロファイバーで毎回清掃することでもウィルス除去はある程度はできますが完璧に除去できるわけではありません。

そのため、もともと抗菌コーティングしてしまう方が持続効果も高いです。

まだまだ続くコロナ禍のために抗菌コーティングを検討しませんか?

新型コロナウィルスも変異種がでたりなど、より敏感に対応を余儀なくされています。

その際に身近にできることから対応をしていくことを検討してみてはいかがでしょうか?

店舗対応だけでなく、接触機会を減らすための郵送対応もしてますのでぜひ、ご検討ください。

https://gpack.jp/flow-yuso/

 

 

 

おすすめの記事