最近ではスマートフォンを使う際に保護フィルムを貼り付けるのが当たり前と言っても過言ではなくなってきています。端末代が比較的高価なiPhoneユーザーは保護フィルムを必須としているユーザーも多いのではないでしょうか?

画面に傷がついても修理費用をかけて液晶画面を交換してしまえば、またキレイに使うことは可能ですが、修理するまでの間に傷のついた画面でスマホの操作をするのは危ないので避けたいものです。液晶画面の傷の放置していると、指にガラスの破片が刺さって怪我をしたり、iPhoneに採用されているせっかくのRetinaディスプレイを存分に楽しむことが出来ない等、デメリットが多いのでオススメできません。

 

 

日々の生活に必須のスマートフォン。せっかく貼った保護フィルムがキレイに貼れてなかったり、保護フィルムの端っこが浮いてしまってそこからホコリやゴミが入り、画面の端に細かいキズが入ってしまうなど、保護フィルムを貼って安心していても後から問題が起きることもしばしば、、、

なぜこんな問題が起こるのでしょうか?

 

保護フィルムがスマホの液晶画面全体を保護していない

最近はAmazonや楽天などECサイトでも格安でスマホの保護フィルムが購入できるようになりましたが、安い保護フィルムは汎用品のために画面全体を保護してくれていない場合があります。

そうすると画面の端にある保護フィルムを貼っていない部分から汚れが侵入してしまい、結果的に保護フィルムが浮いてきてしまうという問題に繋がります。

 

比較的安く購入が出来て、スマートフォンはたまにしか使わないということであればコスパが良いかもしれませんが、頻繁にスマホを利用するユーザーの場合は品質が保証された保護フィルムを利用したほうがQOL(クオリティー・オブ・ライフ)も向上します。

 

 

長時間のゲーム等による手の手垢&皮脂の汚れの蓄積

これもさきほど記載した画面全体を保護していない問題と共通する問題になりますが、長時間スマホを握った状態で使用するユーザーの場合、手垢の汚れや皮脂が保護フィルムの端に溜まり、画面の端がさらに剥がれやすくなるという問題を抱えているケースがあります。

長時間のゲーム利用による手の汚れは、保護フィルムと液晶画面の段差部分が大きいほど蓄積しやすい傾向にあります。スマホを常に握った状態で長時間操作をされる方は薄い保護フィルムを選択することで汚れの蓄積を軽減できます。

 

 

保護フィルムがプラスチック素材のため、端っこが折れてしまう

ガラス製フィルムとプラスチックメインの保護フィルムでそれぞれ特性が異なります。

保護フィルムがプラスチックベースのPET素材の場合、素材自体がとても柔らかいために、フィルムの端に不意に引っ掛けてしまうとそこから剥がれが生じてしまいます。端っこに汚れが入ることで剥がれはさらに増していきます。

PET素材の場合はフィルム自体が薄く柔らかいためにとても扱いやすく、ガラス素材に比べて比較的安く購入できます。しかしデメリットもあり、安い保護フィルムにありがちな、太陽光に当たることで発生する黄ばみがフィルムそのものに生じる可能性があります。これもガラスではなくポリエステルがベースになることで起きる問題です。

 

 

薄い保護フィルムが良い!でもガラス製で頑丈なモノを選びたい

保護フィルムは価格の安いモノの場合、薄いモデルはプラスチック素材であることが多く、またガラスを使用したモデルの場合は分厚いモノも多々あります。

ECサイトでは送料含め1000円以下の安い液晶保護フィルムも多いですが、長時間スマホやiPhoneを利用するなら薄くて頑丈、ガラス素材の保護フィルムを選びたいものです。

G-PACK(抗菌)

G-PACKなら薄さ0.000002ミリという超極薄のガラス素材によるコーティングで薄さ×頑丈さのいいとこ取りも可能です。また手垢汚れなどは雑菌の温床にもなります。G-PACKの抗菌仕様フィルムを使用することでwithコロナ時代の滅菌対策も兼ねることができます。

他にもブルーライトカット、耐衝撃、抗菌、除菌、抗ウイルス、ブルーライトカット機能もついています。新時代の液晶保護フィルムでスマホの保護にかける手間を減らす選択肢もぜひご検討ください。

おすすめの記事