G-PACKってなに?今注目されているガラスコーティングの新しいカタチ

近頃、スマホケースや液晶画面の保護シートを見に行くと「ガラスコーティング」が主流となっていますよね。スマホの液晶画面をしっかりと守ってくれる耐衝撃性にも優れたガラスコーティングが気になっている人も多いと思います。でもどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そんなあなたはG-PACK(ジーパック)をおすすめします。

G-PACK(ジーパック)とは?

G-PACK(ジーパック)は飛行機や新幹線などの外敵刺激を受けやすい場所のコーティングとして使用されている、ガラスコーティングとして知られています。もともとスマホ用に登場したものではないので、今までの類似したケースとは全く違う本物の耐衝撃性や耐久性を誇ります。

例えば0.000002ミリにもなる極薄の皮膜ながら、10Hの硬度になるので鍵や刃物などからスマホの画面をしっかりと保護してくれます。これはG-PACK(ジーパック)に配合されている成分が水と酸素に触れることによって化学反応を起こしているからです。蜂の巣のような細かい構造をしているので、液晶画面をしっかりと守ってくれるのです。

さらに、スマホを誤って落としてしまったときにもガラス被膜によって衝撃を吸収してくれるので、数々の実験からも液晶画面をしっかりと守ることに成功しています。なかでも驚きなのは直径2cmにもなる鉄球を150cmの高さからスマホに落とす実験をしたときに、割れないままで保つことができたそうです。

G-PACK(ジーパック)はスマホの画面をいつまでも美しく

コーティングなら施工したあとが見た目にわかるものではありませんし、指紋や汚れもつきにくく長くきれいなままで使えるようになります。スマホは画面に顔をつけて通話をすることが多いので、女性の場合はファンデーションがついてしまったり、男性は皮脂などどうしても汚くなってしまいがちです。

これをコーティングすることで汚れにくく簡単に落としやすくしてくれるのです。指通りもなめらかなのでシートタイプのガラスコーティングのように、ケースとの相互性を気にする心配もありません。今までは使いたいケースがあっても、ガラスコーティングとの相性を考えて使えなかったこともあるのではないでしょうか。

G-PACK(ジーパック)はガラスコーティングが注目されている今だからこそ、試して欲しい方法の一つです。一度コーティングしてしまえば長く使えますしいつ落下させてしまっても故障の心配がないので安心できます。あなたもこの機会にG-PACK(ジーパック)を試してみませんか。

このブログを書いたお店

Close Menu